« 「響きの森CAMP」と「ベストサイト賞」そして「アウロワックス」のお話 | ホーム | シスターズキャンプ2@ふもとっぱら »

2013年12月 8日

秋の紅葉ハイク 御在所岳からタケ谷へ

2013120801.jpg
11月3日~4日で、御在所岳に登ってきました。
いつもは嫁と二人で登るんですが、この日はtacさん主催でお声がけいただき、
初のグループハイクとなりました。

メンバーはtacさんwataruさん、フミコさん、リュウセイさん、p-yamaさんyamaちゃんアツシくん、チセさん+僕と嫁の総勢10人!(二日目にケンジ君が合流するので実質11人)


2013120802.jpg
今回、コースは全てお任せして御在所をアテンドしていただきました♪
登り始めはコチラ「中登山道口」です。


2013120803.jpg
「さすが鈴鹿!」という急登から始まり、軟弱ハイカーの木下家は早くも遅れ始める(汗)
みなさん健脚だな~と感心していると、こんな感じの遊び心に癒されました。


2013120804.jpg
登りがあれば下りもある。
皆さん気をつけて慎重に降りられます。


2013120805.jpg
ちょっと休憩。
靴ひも直す姿が男前すぎる(笑)


2013120807.jpg
なんか楽しすぎてあまり写真がない(汗)
一気に頂上まで!
毎度恒例で嫁とツーショットを撮ってもらいました♪


2013120809.jpg
噂のカレー饂飩!
登りで疲れた体に染みる染みる~~。


2013120810.jpg
途中こんな感じの岩場で遊んだり~。


2013120811.jpg
しかし気持ちいい・・・
まったり歩けていい感じ。


2013120812.jpg
本日の目的地!!噂の鈴鹿の上高地!!!
タケ谷に到着です!!!!
ここは本当に最高のロケーションです。
小雨がぱらついてきたので、テン泊組はお宿の用意をしています。


2013120813.jpg
日帰り組の皆さんが帰られます!
お疲れさまでした~~♪

さてさて、木下家はもちろんお泊まりです(笑)
雨が降っていますが、タープを張っているので関係なし。
みんなでダラダラ過ごします。


2013120814.jpg
ここでwataruさんが持って来たネイチャーストーブが登場。
Nomadic Stove/Trekker Ultra
これ最初は、見た目とギャップのある値段を聞いてビックリしていたんですが、
使ってみてコレはいい!っと思いました。
みんな夢中で小枝をくべます(笑)
テント泊にはなくてはならないお友達という感じでしょうか。


2013120815.jpg
気持ちいい時間が流れます。
みんなで持ち寄ったご飯を分け合ったり、
ウダウダとくだらない会話をする時間が心地良かったです。


****翌朝****

2013120819.jpg
この日はケンジ君と合流。
なんと片手に淹れかけのコーヒーをもって登場(笑)
さすが岐阜県民は一味違うと思い知らされました。
みんな思い思いに寛いでいます。


2013120818.jpg
もちろんケンちゃんコーヒーいただきました!
これは雑味がないというかスッキリしていて美味しかったな〜〜。


2013120820.jpg
せっかくなのでこのまま下山するのも勿体ないですし、
この日も案内していただくことに。
朝の木漏れ日がなんとも気持ちいいです。


2013120821.jpg
タケ谷の主?みんなパワーを吸収しています(笑)


2013120822.jpg
池にも落葉。神秘的です。


2013120824.jpg
そして目的地の「御池鉱山旧跡」に到着です。

こんな山深いところで採掘してたと思うと、
そうとう過酷な労働だったんだなと感じさせられます。


2013120826.jpg
ザックをおろし、みんなで昼食としました。

木下家のとって初のグループハイク!
みなさんのおかげで非常に充実感あり、楽しかったです!

このあとは下山して、念願だったモデラートにも連れていただき、
思わず衝動買いで、ものすごい出費をしてしまいました(笑)

しかし楽しかったです。
またいつか来たいと思える山でした〜。

コメント(3)

Sweet internet site, super style and style , genuinely clean and use friendly .

Hiya very cool website!! Man .. Excellent .. Wonderful .. I'll bookmark your web site and take the feeds also…I'm happy to seek out so many useful info here within the submit, we'd like develop more strategies on this regard, thanks for sharing.

You are my inspiration, I own few web logs and often run out from brand :). "Analyzing humor is like dissecting a frog. Few people are interested and the frog dies of it." by E. B. White.

コメントする