« 夏の想い出@六ツ矢崎浜オートキャンプ場 | ホーム | 北アルプス 燕岳 一日目 »

2013年11月 2日

晩夏の硫黄岳

20131102_01.jpg

9月14日から15日まで、硫黄岳(八ヶ岳)に登ってきました。

実は僕は登る当日まで八ヶ岳の事はほとんど調べませんでした。
嫁は前から行きたかったらしく色々調べていたみたいです。

世の中は丁度三連休ということもあったので、
「行きたい!」という鶴の一声のもと、八ヶ岳に行く事になりました。

ちなみに登った硫黄岳はこんな山です。


20131102_02.jpg
ほとんど調べないといいつつも、やはり気になるのは駐車場の状況。
ネットで調べた感じでは余裕で停めれるだろうと思っていましたが、
思いのほか込んでいてビックリです(汗)

今回は一番稜線に近いと言われている「桜平」から登る事にしました。


20131102_04.jpg
登り始めて思った事は、道が広いということ。
いつも六甲山ばかり登っている我家には、広すぎて気持ち悪かったです(笑)


20131102_05.jpg
登り始めて20分くらいかな?夏沢鉱泉につきました。
大量の薪をみて、なんとなくテンションが上がってしまうのは、
根がキャンパーだからでしょうか?


20131102_07.jpg
さすがに20分しか歩いていないので、夏沢鉱泉では休憩せずそのまま先を進みます。
しばらく歩くとこんな感じの木のアーチがありました。
なんとなく嫁を立たせて記念撮影したり。


20131102_09.jpg
とにかく歩きやすい登山道。よく整備されていて道幅もひろく快適にあるけます!


20131102_10.jpg
そうこうしているうちに、宿泊地である「オーレン小屋」に到着しました。
ここまではコースタイム通り!歩くのが遅い我家ですので、コースタイム通り来れた事が嬉しかったです。


20131102_12.jpg
小屋の中でテント泊の受付を済ませます。
料金は大人二人で2000円です。


20131102_13.jpg
この日は新幕を投入してみました。
ずばり「BIG AGNES String Ridge 2」です。
我家はもれなく夫婦で登山しますので二人でもある程度快適に過ごせる居住性と、
冬のキャンプでも使用できるように4シーズンのテントが欲しくてコレにしました。
あとあんまり他の人と被ることないしね(笑)

結果からいうと、すこし大きいかなとも思いますが、非常に快適で設営も楽チンなので、
購入して大正解でした!


20131102_14.jpg
設営が終わると腹ごしらえ!
名物?のボルシチをいただきました。


20131102_15.jpg
腹ごしらえも済んだ事で、気力前回です!
さーー登り始めますよ!


20131102_17.jpg
っと登り始めて思った事は、
キノコが多い事多い事。


20131102_18.jpg
このキノコ、名前は全然分かりませんが、
大きすぎて恐怖を覚えました・・・


20131102_19.jpg
白いキノコ。これは奇麗だったけど食べたらお腹いたくなるのかな?


20131102_20.jpg
いろんな種類のキノコがある・・・


20131102_21.jpg
しつこいくらいにキノコ(笑)
個人的にはこのキノコが「ほどよい大きさ」「形」「色」の三拍子そろったベストキノコでした(笑)


20131102_22.jpg
嫁と「いろんなキノコがあるもんだなー」なんて話しながら登ってると、
すこしずつ樹木の様相が変わってきました。
八ヶ岳の緑は明るくて登っていて清々しい気持ちにさせてくれます。


20131102_23.jpg
そんなこんなで、あっという間に稜線に!


20131102_24.jpg
オシャンティな道しるべ(笑)


20131102_25.jpg
やっぱ稜線は気持ちええっすね〜。
ここを歩くためにしんどい思いして登ってますからね〜。
頑張ったかいがあったってもんです。


20131102_26.jpg
横岳と赤岳かな?
僕は山の位置関係が全然分からないので、間違ってたらご容赦を(笑)


20131102_28.jpg
爆裂火口!いい感じ!


20131102_29.jpg
そんなこんなで硫黄岳の山頂に到着!
近くにいたご夫婦に記念写真を撮ってもらいました!

硫黄岳の山頂は想像していた以上に広くてビックリしました。
こんなに広い山頂は初めてでしたね。


20131102_30.jpg
山頂で20分くらい休憩して、またオーレン小屋に戻ります。
この写真は夏沢峠の写真だったかな?


・・・写真はここで終了でございます。
なぜかというと、このあとテントに戻り晩ご飯を食べて、即爆睡。

朝は早めに起きて天狗岳を登ろうと計画していたんですが、
起きてみると、凄い雨!

それもそのはず、この日は全国的に大雨で、
日本各地で冠水したり、非常に大変な事になっていました。

そんな雨の中、登る根性はない我家は、即下山することを選択しました。

雨の中「もう少し登りたかったねー」なんて話しながら、
下山して温泉に入って帰路につきましたとさ。


コメント(1)

As soon as I detected this internet site I went on reddit to share some of the love with them.

コメントする