« シスターズキャンプ@ふもとっぱら | ホーム | 北アルプス 立山ハイキング 2日目~最終日 »

2013年8月24日

北アルプス 立山ハイキング 1日目

20130811title.jpg
2013年8月11日から13日まで、立山に登ってきました。
厳密には「立山」という山はなく、立山連峰にある、「雄山」「大汝山」「富士ノ折立」の3つの山の総称みたいです。くわしくはwikipediaで。


なんで立山に登ってきたかというと前に蒜山高原で冬キャンプした際に知り合ったきよぴーさんに、
「雷鳥沢のテン場は最高ですよ。」という話しを聞いていて、いつか行ってみたいと思っていました。

本当は7月の「海の日」の三連休に行こうと思ってたんですがその日はあいにくの天気でお流れに。

しかしどうしても諦めきれない我家は機会をうかがってたんですが、
奇跡的にお盆休みが長めにとれたんで今回登りにいく事ができました!


2013081101.jpg
立山駅。今回の出発地点です。

この駅の近くには無料の駐車場が沢山ありますが、駅前の一番便利な駐車場は、お盆の影響か深夜12時の段階でほぼ満杯でした。


2013081102.jpg
今回の目的地はマイカー規制されており、「雷鳥沢キャンプ場」のある室堂まではケーブルカーと高原バスを利用しないと行けません。

我家は早朝6時40分のケーブルカーを予約してました。いよいよ出発です。


2013081103.jpg
高原バスからの風景。
途中で気づいたのですが、この高原バスは進行方向より向かって左側の席に座る事をお勧めします。
室堂まではバスで約1時間かかりますが、道中にいろんなスポットがあってプチ観光案内をしてくれます。
そのほとんどが左側なので、右側に座った我家はあまりよく見えませんでした・・・


2013081104.jpg
室堂ターミナル前。
とうとう来ました!この日をどんなに待ちわびた事か(笑)
このターミナル周辺は、本格的な山装備がなくても散策できるコースがあるので、
普通の街の格好をしている方も沢山いました。


2013081105.jpg
雷鳥沢キャンプ場までの道のり。石畳で非常に歩きやすいです。
しかもほぼ下り(笑)室堂ターミナルからは歩いて1時間くらいでしょうか。
奥の方にカラフルなテントが見えて、テンションあがります!


2013081106.jpg
雷鳥沢キャンプ場に到着。夢にまでみたテン場です(笑)
奥に見える山が立山連峰です。右手の小屋が管理棟になっていて受付を済ませます。
これから2泊3日お世話になるこちらのテン場。料金は2人で2000円でした。


2013081107.jpg
さくっと設営。やっぱLOCUS GEARは山で使ってなんぼでしょ(笑)
気分は最高、天気も最高です!
※この辺りからレンズにゴミがついてたのか、写真にゴミの影が写ってます(泣)


2013081108.jpg
本当は初日はテン場でダラダラしようと思っていましたが、
設営終了時で午前9時30分くらい。
せっかくここまで来たんで、雄山まで登ってみる事にしました。
雷鳥沢キャンプ場を起点に登るには、まずこの木製の橋を渡ります。


2013081109.jpg
川を渡る嫁。この川は天然の雪解け水で、透明感はんぱないです。水温もはんばなく冷たい(笑)


2013081110.jpg
少し歩くと少し登りになりました。植物のトンネルを抜けていきます。


2013081111.jpg
トンネルをぬけるとこんな感じ。変化に富んで飽きっぽい我家には丁度いいコースです。


2013081113.jpg
「一の越」に到着。みなさん休憩していました。
雄山に登る前にここでお昼ご飯としました。


2013081115.jpg
山で食べる「どん兵衛」は本当に美味し!


2013081114.jpg
お昼も食べていよいよ雄山に登ります!
足下はガレガレなので気をつけて登ります。


2013081116.jpg
我家はゆっくりペースで登っていたので、朝から雄山に登っていた方々が続々と下山してきます。
この写真では分かりづらいですが、冗談抜きで朝の通勤ラッシュ時のような感じで次々と人が降りてきて、
なかなか思うように登れません。
それでも、ゆっくりゆっくり登り・・・


2013081117.jpg
なんとか山頂に到着!
おなじく登頂してきた方にお願いして、嫁と一緒に記念写真を撮ってもらいました。


2013081118.jpg
奥に見えるのが有名な「雄山神社」です。
お祓い?してもらえるみたいで、みなさんお札のようなものをザックにつけていました。


2013081119.jpg
山頂では売店もあります。
コーラが染みる!


2013081120.jpg
僕が無理矢理立たせて写真撮ったので、
どこかぎこちない感じの嫁(笑)


2013081121.jpg
頂上にはこんな感じのレリーフがあって、
周りの山の位置関係を確認できます。


2013081122.jpg
適当に寛いだので、ゆっくり下山。
帰りはコースを変えてみたら、こんな感じのプチ雪渓を渡るところも。
真夏なのに雪が残ってって、とても気持ちいい空気が流れています。


2013081123.jpg
テン場に戻って、近くの「雷鳥沢ヒュッテ」でお風呂に入りました。
お風呂上がりダラダラしていたら、すっかり遅くなってテン場に戻ってきたら日が沈みかけ。
ご飯を食べて、ビールを飲んだらいつの間にか寝てしまっていました(笑)

コメントする